« 「エイプリルフール」ネタバトル | トップページ | 総務省「高度ICT人材育成に関する研究会報告書(案)」 »

2008年4月 3日 (木)

「ITスキル標準バージョン3」正式発表

日経ITproの記事「「ITスキル標準バージョン3」が正式発表、試験はレベルの「エントリ基準」に位置付け」からです。

ということで、ITSSのVer.3が公開されています
それから、IPAのTOPページも新しくなってますね。

現行の「ITSS V2 2006」に対する「V3」の主な変更点は、
(1)レベル1、2にあった専門分野の区分をなくし、これらのレベルにおける基礎知識の記述を職種にかかわらず統一
(2)情報処理技術者試験をレベル認定の「エントリ基準」として位置付け
(3)コンサルタント、ITスペシャリスト、アプリケーションスペシャリストの3職種の専門分野を変更

の3つです。

また、この記事によると…

ITSS V3では、最終的に試験合格はそのレベルに期待される必要最低限の能力レベルに到達しているものと見なす」、つまりエントリ基準に落ち着いた。同時に、これまで通り、情報処理技術者試験を用いないレベル評価指標も併存させることを明記した。必ずしも情報処理技術者試験の受験を優先できないケースや、成果や業績はあるものの試験合格の実績がない人材の評価には、「今まで通りのスキル熟達度や達成度指標を使って欲しい」というわけである。「どちらをレベル基準とするかは、企業や市場の判断に委ねたい」と話している。

つまり、情報処理技術者試験との関連はあいまいなままということでしょうか。

そのほかの、中身に関するコメントは、また後日・・・

報告書のダウンロードは、こちら

同時に、UTSSも新バージョンが公開されています

関連記事
「IPAがユーザー企業向けスキル標準「UISS」新版、情報処理技術者試験には10月対応」

|

« 「エイプリルフール」ネタバトル | トップページ | 総務省「高度ICT人材育成に関する研究会報告書(案)」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/12101639

この記事へのトラックバック一覧です: 「ITスキル標準バージョン3」正式発表:

« 「エイプリルフール」ネタバトル | トップページ | 総務省「高度ICT人材育成に関する研究会報告書(案)」 »