« 経産省が個人情報保護法ガイドライン改正 | トップページ | ブログを続けるモチベーション »

2007年12月21日 (金)

「生体認証導入・運用のためのガイドライン」公開

IPAから12/19に公開されました。

「生体認証導入・運用のためのガイドライン」「生体認証利用のしおり」の公開


「生体認証導入・運用のためのガイドライン」及び「生体認証利用のしおり」は、近年急速に普及している生体の特徴(指紋、静脈、虹彩等)を利用した生体認証システムのセキュリティに関わる状況について、正しい理解を深め、適切な利用の促進を目的としています。

  生体認証は、「完璧に安全である」や「生体情報の偽造が可能であるとともに、流出の危険があり非常に危ない」等の誤解をされていることが少なくありません。生体認証の利用の際には、生体認証の特徴を充分踏まえた上で、目的に合致したシステムを構築・運用することが重要です。生体認証導入・運用のメリットと生体認証のセキュリティ上の課題を認識し、目的に合った認証方式・技術を選択し、運用時においても適切な設定を行う必要があります。

  また、生体認証は、銀行ATMをはじめとした様々な場所で用いられております。生体認証システムを適切に利用するためには、システムの利用方法や生体情報の登録方法を正しく理解することが重要です。また、生体認証システムに登録する生体情報は、個人を特定できる情報であり、取り替えることが出来ませんので、その漏えいには十分気をつける必要があります。これらの注意事項の他にも利用者がよく疑問に思うことをQ&Aの形でまとめました。

  本ガイドラインやしおりが、生体認証の導入・構築・運用を検討する際の参考となることを期待しています。

「生体認証導入・運用のためのガイドライン」


「生体認証利用のしおり」

個人的には、できれば「生体」ではなく「バイオメトリクス」と言ってほしい気がします。

大変面白そうですし、参考になりそうなのですが、(あっちの原稿が!)読んでる場合じゃないので後回し…

|

« 経産省が個人情報保護法ガイドライン改正 | トップページ | ブログを続けるモチベーション »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/9489157

この記事へのトラックバック一覧です: 「生体認証導入・運用のためのガイドライン」公開:

« 経産省が個人情報保護法ガイドライン改正 | トップページ | ブログを続けるモチベーション »