« 全国縦断 情報セキュリティ監査セミナー | トップページ | ネットワーク検定 »

2007年8月23日 (木)

Windows XPのOEMライセンス提供、2008年1月末終了

8/22の日経ITproの記事「マイクロソフト,Windows XPの正規OEMライセンス提供を2008年1月末に終了」からです。

(いまなお、いろいろ言われておりますが)いよいよ、Vista時代が到来するのですね。
ちなみに私のPCは、まだまだXPです。

ただし、なのですが、

企業では既存システムとの相互運用性の問題があるため,Windows XPを引き続き利用したい場合も多い。マイクロソフトではそうした用途に備えて,ボリュームライセンスまたはプリインストールで入手したVista Business/Vista Ultimateに対して,Windows XPに変更できるダウングレード権を設定する

そうです。

ダウングレードでセキュリティ、というより安心(何か問題があった場合の回避策があるということ)、を担保しているということでしょうか。

これならXPからVistaに移行できそうでしょうか。
さて、私は・・・
ただいま、検討中です。

|

« 全国縦断 情報セキュリティ監査セミナー | トップページ | ネットワーク検定 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/7636717

この記事へのトラックバック一覧です: Windows XPのOEMライセンス提供、2008年1月末終了:

» OEMライセンス提供 [vista投資]
Windows XP正規OEMライセンス提供が2008年1月末で終了INTERNET Watchマイクロソフトは22日、Windows XPの正規OEMライセンスの提供を2008年1月31日で終了すると発表した。これに伴い、PCメーカー各社が出荷するWindows XP搭載PCの生産... [続きを読む]

受信: 2007年8月23日 (木) 10時09分

« 全国縦断 情報セキュリティ監査セミナー | トップページ | ネットワーク検定 »