« テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)が1788名誕生 | トップページ | 「組織内CSIRT構築支援マテリアル」公開 »

2007年6月14日 (木)

情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドラインの改訂について

6月11日に、IPAとJPCERT/CCからプレスリリースされています。

独立行政法人 情報処理推進機構(東京都文京区、理事長:藤原 武平太、略称:IPA)および有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター(東京都千代田区、代表理事:歌代 和正、略称:JPCERT/CC)は、「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」(座長:土居 範久 中央大学教授)での検討結果を踏まえ、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドラインを改訂し、2007年版をIPAおよびJPCERT/CCのウェブサイトで公開しました。

JPCERT/CC プレスリリース
IPAセキュリティセンター プレスリリース
JNSAのお知らせ

今回が3回目の改訂、つまり「V.4」ってことですね。これまで以上に、よりいっそうの普及が期待されます。

・本文はこちら(「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」2007年度版

|

« テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)が1788名誕生 | トップページ | 「組織内CSIRT構築支援マテリアル」公開 »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/6763043

この記事へのトラックバック一覧です: 情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドラインの改訂について:

« テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)が1788名誕生 | トップページ | 「組織内CSIRT構築支援マテリアル」公開 »