« 「情報セキュリティ7つの誤解」 | トップページ | 情報セキュリティ資格「CISSP」と新資格「CISSP-行政情報セキュリティ」とは »

2007年5月18日 (金)

「IT投資意識、日本は最下位」

5/17の日経ITproの記事「インド100点、日本最下位13点-ガートナーのIT投資マインド各国調査」 からです。

この記事によると「世界21カ国の企業を対象にIT投資状況について調査した結果、調査対象国中、最もIT投資意識が高いのはインド、日本は最下位」ということだそうで。ちなみに調査は、IT投資に関する7項目――2007年度のIT投資増加率、IT予算の年商に占める比率、CIOを設置している比率、経営陣がITの重要性を十分理解している比率、競争優位の獲得を目的としたIT投資、業務プロセスの改善を目的としたIT投資、新規技術への投資の積極性、とのこと。

NISCの文書などにもある通り、日本の情報セキュリティ政策として「情報セキュリティ先進国」を目指しているのですが「IT先進国」ではない国は「情報セキュリティ先進国」でないどころか、「経済先進国」でもないわけです。
このデータをどう見るかにもよりますが、重大な問題提起としてこの調査は見ておきたいと個人的には考えております・・・

|

« 「情報セキュリティ7つの誤解」 | トップページ | 情報セキュリティ資格「CISSP」と新資格「CISSP-行政情報セキュリティ」とは »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/6455989

この記事へのトラックバック一覧です: 「IT投資意識、日本は最下位」:

« 「情報セキュリティ7つの誤解」 | トップページ | 情報セキュリティ資格「CISSP」と新資格「CISSP-行政情報セキュリティ」とは »