« CISSPの台頭~ 「『ITセキュリティのお仕事』、主流派に」 | トップページ | 「情報セキュリティの日」 »

2006年10月26日 (木)

COBIT Ver.4 翻訳版 公開延期

10/24(火)付けで、ISACA東京支部のHPで発表されてました。

「COBIT4.0翻訳版公表延期について」

リリースは、12月末になってしまうようです。(翻訳をされている方々、ご苦労様です)

そして10/25(水)付けでは、COBIT Ver.4 基本辞書(見出し語および巻末用語などの翻訳)が公開されています

COBIT Ver.4 基本辞書

中身を見てみると、ISACAとJISの翻訳が違っているものもあります。さらに(ISC)2とも違いそうですが・・・

日本語と英語の違い(過去の記事「日本語と英語の違いによる用語の解釈」を参照ください)さらに運営機関による違い、場合によって定義そのものも違っていたりもして、用語の解釈が大変ですね。

何かこういうことも含めた解説付きの「情報セキュリティ(英和?)辞書」でも欲しくなりますね

|

« CISSPの台頭~ 「『ITセキュリティのお仕事』、主流派に」 | トップページ | 「情報セキュリティの日」 »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも興味深く拝見しております。
私自身情報セキュリティを専門として翻訳業務に
携わっているのですが、
確かに訳語選択の問題は難しいですね。

例えばCOBIT Ver.4 基本辞書で特に目に付いたのが
セキュリティのCIAのひとつ、「Integrity」が
「インテグリティ」になっていますね。
むむ、どうせなら漢字かカナで統一したほうが
見栄えが良いような気がするのですが…

>赤字:COBIT3マネジメントガイドラインから邦訳を変更するもの(英文は同じ)
となっているので、何か特別な事情があるのでしょうか。

ともかく、海外から入ってくる概念がほとんどですから、
業界標準の「訳語集」の整備も必要かもしれませんね。

投稿: mk | 2006年10月28日 (土) 01時03分

>mkさん
コメントありがとうございます。

「完全性」が「インテグリティ」になっているのを見ると、「説明責任」も「アカウンタビリティ」にしたほうがいいんじゃないの?、なんて思います。
これを含め、いくつかの訳語もカタカナにしたほうがいいように思えます。
(訳語が誤った解釈を生んでいるものもありますよね)

投稿: Hase | 2006年10月29日 (日) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/3965893

この記事へのトラックバック一覧です: COBIT Ver.4 翻訳版 公開延期:

» 英語のホーム頁を日本語で読む方法 [おしえて!Google@使用法]
<google 翻訳機能の使用法:英語から日本語に翻訳> 例えば、私はアメリカで「How to Good-bye Depression(さようなら!憂うつよ)」(西垣 廣幸著)という英文本を出していますが、あなたのパソコンの中に導入したデスクトップ左上のGoogle ツールバーの検索ボックスの中に、本のタイトルの How to Good-bye Depression という文字を入れます...... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 13時51分

» SOX法: COBITの4つのドメインとは [SOX法とは?]
COBITの4つのドメインには、 ?@計画と組織、 ?A調達と実装、 ?Bデリバ... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 22時05分

» 内部統制フレームワーク、COSOの問題点 [内部統制とは?]
COSOの抱える課題とは、COSOのフレームワークにはIT統制が 不足しているこ... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 21時10分

» 内部統制-COSOとCOBITの違いは? [内部統制とは?]
COSOとCOBITの関係は、 COSOは、BS:貸借対照表、PL:損益計算書、... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 21時48分

» 内部統制と日本版SOX法 [内部統制と日本版SOX法の基礎知識]
日本版SOX法の施行を控え、日本でも内部統制の重要性が説かれています。企業のメリット、デメリットを事例を紹介しながら分かりやすく解説します。 [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 02時22分

« CISSPの台頭~ 「『ITセキュリティのお仕事』、主流派に」 | トップページ | 「情報セキュリティの日」 »