« NISC第2回 人材育成・資格制度体系化専門委員会についての考察2 | トップページ | セキュリティ対策まんが「クジョたいさく物語」 »

2006年9月28日 (木)

「ハッカーズ その侵入の手口 奴らは常識の斜め上を行く」

今、読んでいる本です。

4844323164_01__ss500_sclzzzzzzz_v4179667 「ハッカーズ その侵入の手口 奴らは常識の斜め上を行く」

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
「ひとつ上のハッカー」が認めた「欺術」。騙す。欺く。操る…過信と油断に満ちた企業の弱点を突く巧妙な攻撃が、今ここに初めて明かされる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ケビン・ミトニック
“堅気”になった有名人ハッカー。現在では、類い希なる技能を企業や組織や政府機関のために役立てている。彼は情報セキュリティ・コンサルタント会社、「ディフェンシヴ・シンキング」(defensivethinking.com)を共同設立した。同社は企業と官公庁を相手に、機密情報防御に関するアドバイスを提供している。『グッドモーニング・アメリカ』、『シックスティ・ミニッツ』、「CNN」の『バーデン・オブ・プルーフ』などの番組に出演し、情報保護とサイバー犯罪防止の分野における第一人者の地位を確立した

ウィリアム・サイモン
受賞経験を持つ作家兼脚本家

「欺術」(以前の記事で紹介済み)に続く、ケビン・ミトニック日本語訳本ということで、迷わず買ってしまいました。リアリティあふれるハッカーたちのストーリーとその対策、などから構成されており、興味深いうえに参考になる内容です。

リアリティあふれるストーリーということでは、以下の本(こちらは、インシデントレスポンス)もお奨めです。(アフィリエイトやってるわけではありません、念のため)

「追跡!ネットワークセキュリティ24時」
「追跡!ネットワークセキュリティ24時 第二巻」

こちらの元ねたは、月刊誌「NETWORKWORLD」で、現在も連載中。

|

« NISC第2回 人材育成・資格制度体系化専門委員会についての考察2 | トップページ | セキュリティ対策まんが「クジョたいさく物語」 »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

あ、紹介いただいていたんですね!
ありがとうございマッス。m(_ _)m
どれくらい売れてるのか分からないんですが、色んな人に褒められるので読み応えはあるんでしょうかね。
だれかテレビドラマ化して~笑

投稿: ag | 2006年10月27日 (金) 18時36分

>agさん

>どれくらい売れてるのか分からないんですが、色んな人に褒められるので読み応えはあるんでしょうかね。
いえいえ、お世辞抜きに面白くて読み応えありますよ。

>だれかテレビドラマ化して~笑
確かに映像化してみたいですね。
どこかに企画持ち込みましょうか?

投稿: Haee | 2006年10月29日 (日) 11時14分

> どこかに企画持ち込みましょうか?
ぜひ!笑
楽しみにしてマース♪

投稿: ag | 2006年10月31日 (火) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/3617731

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハッカーズ その侵入の手口 奴らは常識の斜め上を行く」:

« NISC第2回 人材育成・資格制度体系化専門委員会についての考察2 | トップページ | セキュリティ対策まんが「クジョたいさく物語」 »