« CISMとCISSPを比べてみよう(3) | トップページ | CBKの5つのセクション »

2006年8月17日 (木)

「コンピュータフォレンジックス入門」

コンピュータフォレンジックスの実践的なことが書かれた書籍というのは、なかなかありません。この技術は、「コンピュータ法科学捜査のため」ということですが、決して警察や検察などのためだけではなく、監査(検査・診断)やセキュリティ運用者(不正アクセス等の監視、インシデントレスポンス)にも必要なスキルです。
4861001854_01__ss500_sclzzzzzzz_v1135137_1

で、やっと探しあてたのがこの本でした。
¥6,825(税込み)と価格は高いのですが、どうしてもこのジャンルの書籍が欲しかった(一応自分もCISSP、公認情報セキュリティ主任監査人だし・・・)ので今年の初めに購入しました。

この本はフォレンジック技術者のトレーニング用らしく、各セクションの最後に演習問題などもあり理解度も確認できます。

米国では、IACISというNPO認定の「CFCE」(Certified Forensic Computer Examiner;公認フォレンジックコンピュータ調査官)という資格試験もあるそうです。2~3年後くらいは日本にも上陸するのかな?(他にもフォレンジック関連の資格はいくつかあります)

「コンピュータフォレンジックス入門 - 不正アクセス、情報漏洩に対する調査と分析」
<目次>
 職業としてのコンピュータフォレンジックスとコンピュータ捜査
 コンピュータ捜査の理解
 WindowsとDOSシステムの使用
 MacintoshとLinuxの起動処理とディスク構造
 調査員のオフィスとラボ
 コンピュータ・フォレンジックス・ツール
 電子的な証拠の扱い
 犯罪現場および事故現場の処理
 データの獲得
 コンピュータフォレンジックス解析
 電子メールの調査
 画像ファイルの復元
 専門家証人になる

このジャンルの書籍は他にも捜索中です。
何かいいものを見つけたら、またここに書いてみます。

|

« CISMとCISSPを比べてみよう(3) | トップページ | CBKの5つのセクション »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/3085626

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンピュータフォレンジックス入門」:

« CISMとCISSPを比べてみよう(3) | トップページ | CBKの5つのセクション »