« CISSPの学習を始める前に | トップページ | セキュリティ職で必要とされるITセキュリティ資格 »

2006年7月26日 (水)

情報セキュリティ人材育成・資格制度体系化の検討

7月25日のNISC情報セキュリティ政策会議の資料が公開されています。

情報セキュリティ政策に関する本年度の重点施策とその推進体制について

この重点政策の1つが、「人材育成・資格制度の体系化」です。

人材育成・資格制度体系化専門委員会の設置について(案)

検討期間が、8月下旬~11月中旬で、情報セキュリティに関する資格制度の体系化や戦略的な人材育成方策の検討などがされるとのことです。
どのような検討結果が出てくるか注目したいと思います。(結果は、12月~1月?)
情報処理技術者試験だけでなく、ここで取り上げているCISSP、CISM、CAISなどの資格も含まれ体系化されることを期待します

府省庁の情報セキュリティ対策の実施状況に関する重点検査及び評価結果 ~平成18年度第1回重点検査の評価結果~

こちらは予想通りという結果ですが、まずは検査が行われその結果を隠さず公表し、重要インフラ事業者や一般企業に先駆けて対策を実施する、という方向で進むことを期待したい、と思います。

|

« CISSPの学習を始める前に | トップページ | セキュリティ職で必要とされるITセキュリティ資格 »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/2805328

この記事へのトラックバック一覧です: 情報セキュリティ人材育成・資格制度体系化の検討:

» 情報セキュリティ会議:警察など最低ランク 最高はなし [小さなニュースブログ]
情報セキュリティ会議:警察など最低ランク 最高はなし  政府の情報セキュリティ政策会議(議長・安倍晋三官房長官)は25日、中央省庁の情報管理状況を4段階で評価した調査結果を公表した。パソコン端末について情報管理が徹底されるべき警察、外務なども含めた6...... [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 08時30分

« CISSPの学習を始める前に | トップページ | セキュリティ職で必要とされるITセキュリティ資格 »