« 認定試験体験記・その4 | トップページ | 2005年度 情報セキュリティ推奨教育の検討に関する調査報告書 »

2006年6月 2日 (金)

認定試験体験記・その5

日曜に認定試験を受け、月曜に出勤しましたがもうグッタリ。
その前の月曜から金曜はレビューセミナーを受講してましたし、ホントにハードな一週間でしたね。

終わった後は、実はほとんど手応えがありませんでした。
「合格しただろう」という手応えもなく、(変な日本語ですが)「ダメだったな」という手応えもなく、でした。どちらかというと「できた」という感触なのですが、「確かな自信はない」というところでした。(つまり、CISSPの認定試験って、そういう問題なんです)
周囲からも「どうだった?」というようなことを何人にも聞かれましたが、「大丈夫だと思うんだけど、さぁねぇ~」というような歯切れの悪い応対しかできません。

合否の結果は「2~3週間後に、電子メールで通知されます」とのことだったので、気長に待つことにしました。とはいえ「不合格なら、また認定試験を受けに行くんだよな。だったら、勉強しておこうかな」 などとも考えたりしていました。

そうしているうちに木曜の朝になり、いつものようにメールを立ち上げるとその中に添付ファイル付の英文メールが。「怪しいメールか?ワーム?スパム?」なんて訝しげながらよく見ると、「(ISC)2 Informationというタイトルのメール。
「もしや、もう結果の通知メールか?」と開けて見ると、そう結果の通知メールだったのです。

結果は、合格
とにかく、ホッとしました。
2度目の認定試験を受けなくていいし、「どうだった?」ともう聞かれることもなくなるだろうし。

マークシートの採点でコンピュータ処理であるとはいえ、わずか3日で来るとは(ISC)2の対応は早い。(ただし、この通知までの期間は、私の場合は限りなく「最速」だったようなので、通常はやはり2~3週間かかります)

さて次回からは、合格後の手続き編に移ります。

|

« 認定試験体験記・その4 | トップページ | 2005年度 情報セキュリティ推奨教育の検討に関する調査報告書 »

レビューセミナーと認定試験」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認定試験体験記・その5:

« 認定試験体験記・その4 | トップページ | 2005年度 情報セキュリティ推奨教育の検討に関する調査報告書 »