« 認定試験体験記・その2 | トップページ | 認定試験体験記・その4 »

2006年5月31日 (水)

認定試験体験記・その3

今回は、認定試験体験記のその3を。
いよいよ試験突入です。

解き始める前に、まずはペースを意識しました。
時間が足りなくなったら、何にもなりませんので。
その日の朝、軽くイメージをしていたのですが、1問あたり1分で途中に2回くらい10分休憩して最後に見直して・・・、解答250分+休憩が計20分+見直し30分で計300分、つまりこれで5時間。
そしてもう1時間分はマージンと、少し早く会場を退出するための時間です。
私の場合は、(途中退出が可能ならば)どんな試験でも最後まで会場にいない主義なので。

最初はいいペースで解答を塗りつぶしていたのですが、何か妙な圧迫感というか違和感を感じ始めました。
実は私の席の隣と前がかなり身体の大きな外国人の方で、まずはその圧迫感が・・・
そして彼らが消しゴムでマークシートを消すと、机が揺れるのです。
さらに前の席の方が時々「オゥ、シットッ!」なんてつぶやきながら身体を揺さぶるのです。
(たぶん、ヤマでも張っていて外れたんでしょうね)

「う~ん、集中できない」

不運は、さらにさらに・・・

しばらくして外から「わっしょい、わっしょい」の声が。
そうです、会場に入る前に出会ったお神輿が戻ってきたのです。

「ますます、集中できない」

でも、がんばらなくては。
試験料金も高いし、落ちたらもう一度受けに来なきゃならないんだぞ
と自分なりの集中力維持法で、まずは100問解いて休憩に出ました。
ここまでおよそ90分だったでしょうか。
当初の予定より早いペースです。

休憩は手を挙げて試験官に許可をもらって、退出のサインをしてから出ます
会場の外でミネラルウォーターを飲み、軽くストレッチをしました。
5分程度の休憩をして「お神輿も行っちゃったようだな。さぁ、気を取り直して、第2ラウンド」と会場に戻りました。

ですが、まだ不運というか試練があったのです。
それは、また次回。

|

« 認定試験体験記・その2 | トップページ | 認定試験体験記・その4 »

レビューセミナーと認定試験」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認定試験体験記・その3:

« 認定試験体験記・その2 | トップページ | 認定試験体験記・その4 »